Q&A

スキルアップを充実させるために、どのようなサポート体制がありますか?
  経験や職層に応じた研修や、職員の個々の専門性を高める研修を実施しています。その他、様々なサポート体制が整っています。
■内定者研修
新卒学生さんを対象に入社までの間、様々な研修を行っています。採用説明会では体感できなかった部分を、この研修で少しでも感じ取って頂き、入職後の自分なりの仕事のスタイルやプライベートをイメージしてもらうこと、また同期や先輩職員と顔を合わせ、ザックバランにコミュニケーションをとり、入職後の不安解消を図ることを目的に行っています。
毎年、見学会を主体に、どのような考えや価値観の元、実践を行っているのかを知ってもらう機会として、任意の作業所・施設を見学していただきます。2月には法人を上げて開催される「実践報告会」に参加していただきます。

■初任者研修
横浜事業本部では、新卒採用の職員を対象とした初任者研修を毎年7月・11月・3月に開催しています。
7月の第1回研修は、理事長による理念についての講義とてらん広場相談員による支援者としての基本姿勢や対人援助者のメンタルヘルスについての講義、入職後3か月の振り返りをするグループワークという3本立てで行いました。
グループワークでは久しぶりに会う仲間と「嬉しかったこと」「へこんだこと」を語り合い、お互いに失敗をしながら少しずつ成長していることを確認し、仲間から元気をもらいました。

■NEXT研修
同愛会横浜事業本部では「NEXT研修」という外部講師による法人の次世 代リーダー養成研修を月に一回のペースで行っています。・・・と言うと堅苦しいイメージになりますが、シンプルに5年目以上の職員が「職場を今より良くする為に学ぶ」研修です。メンバーは各現場の主任、主任補、リーダー、リーダー候補の方々になります。
研修内容は「研修参加者個人の成長・メンタルバランス」から「各部署及び法人の問題」など様々な内容を行います。そして研修の特徴が講義だけではなく、実演を通して理解を深めていくところです。
様々な実演(シミュレーション)が有りますが、参加者は各現場で実践して研修で学んだ事を各現場の同僚や後輩のフォローに生かしています。

■援農研修
同愛会横浜事業本部では今年度、入職3年目と5年目の職員を対象に、援農研修を行っております。
援農研修とは、同愛会が、山梨県北杜市で保有しております研修センター、通称「レトリートの里」にて、豊かな自然に囲まれながら、地元の農家の方々の農作業の手伝いをし、また日常ではなかなか体験できない体験を通じて、都市と地方の交流を図り、職員一人ひとりの人間力や生活力を向上させることを目的としているものです。
私たちはこの横浜の地で障害福祉事業に携わり、障害者の方々の日常の仕事や生活の支援を行っています。そんな日常を一旦離れ、無心に農作業に打ち込んでみること、また陽の光と風を感じながら、私自身の心と身体に向き合ってみること、こんな体験もよいのではないでしょうか。